英語育児本

英語育児を本格始動するにあたって、「バイブルを探せ!」ではないですが、
英語育児本を読んでみたくなりました。
本屋の育児本コーナーや児童英語コーナーなどを見たところ、
いくつか本はあるのですが、開いてみると大半が、
『英語育児のための英会話本』みたいなもの。

"Oh, you poo-pooed. Let's change the diaper!" とか、、、
そんな情報、要らない。。

なんとかみつけた2冊を早速手にしてみました。

赤ちゃんからの英語レッスン―絵本で育てるバイリンガル
目次を見た感じでは、0歳から6歳までのステップが学べそう。

普通のこどもが普通にやってバイリンガルになる世界初の英語習得法
こちらも0歳からだけど、小学生の取り組み方もあるみたい。

通勤中に読んで、↑のリンクに私なりのレビューを書いてみました。

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

タグ : 育児本 英語育児本

2010-03-25 : 本・記事を読んで : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

本「赤ちゃんからの英語レッスン―絵本で育てるバイリンガル」を読んで

「英語育児ブログみたい」というのが率直な感想でした。
著者の自己紹介、経歴紹介があって、英語教育についての考え方や悩んだこと、
英語育児において取り組んだこと、
その結果など、お母さん目線の表現で綴られていて、
『本』というより『ブログ』を読んでいるようでした。
まぁ、数年前にブログが本になるのが流行ってたぐらいだから、
こういうのもありなのかな。

重要なのは、この本を読んで役に立つかどうかですが、
私のようにこれから英語育児に取り組む人、
英語育児初心者にとってはとても役に立つ本だと思います。
この本を読む前にCTPやORTを活用しているお母さん方のブログを見て、
なんとなく概要は理解していたつもりだったんです。

     朗読CDを聞く→絵本と一緒に朗読CDを聞く→子供が暗唱する
     →英語が分る子供になる! 

と、かなり大雑把ですが。。

この本を読むまでは、「私が読み聞かせすればいいから、
CDなしの絵本セットでいいや」と思っていました。
でも、この本では毎日毎日大量の英語を耳に入れる必要があるということが
繰り返し書かれていて、なるほど確かにその通りだと思いました。
また、そんなに長時間、ものぐさハハが毎日読み聞かせをするなんて無理!
聞き流しも活用しよう、CDも購入しようと、思い直しました。

また、以前は、
「暗唱って??『にほんごであそぼ』の『寿限無、寿限無・・』みたいなものかなぁ」
という具合でイメージが湧きませんでした。
この本で、著者の娘さんが暗唱し始めた様子を読んで、
1歳半頃のハナコの様子を思い出しました。
自分で「いないいないばぁ」の絵本をめくりながら、
「やいやいー、ぶぉー、やいやいー、ぶぉー」と言っていたのです。
(おもしろかったので、携帯でムービーに撮りました!)

暗唱なんて言うので、何か難しいことに感じていたのですが、
単に耳から聞いた言葉を真似して口にして、
自分の言葉にしていくと言うことなんですよね。
そうやって日本語も英語も同じ条件で覚えていくということですね。

日々の取り組み方や、年齢・レベルに合わせたステップアップの仕方など、
参考にしようと思います。

ただ、すでに何年も英語育児に取り組んでいる人、
英語育児について、たぁっぷりリサーチ済の人には、物足りない本かも知れません。

↓改訂版もあるようです。


赤ちゃんからの英語レッスン改訂新版

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

タグ : 育児本 英語育児本

2010-03-25 : 本・記事を読んで : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

本「普通のこどもが普通にやってバイリンガルになる世界初の英語習得法」を読んで


「うーん、なんだか共感できず。。」というのが、読み終わった後の感想でした。

前半は、著者のお孫さんが0歳の時から、英語の朗読CDを聞き流していき、
お孫さんが英語を覚えていく様子が書かれています。
でも、2歳過ぎまでの記録で止まっていて、
「英語を覚えた」と言い切れるほどでもないような。。
その内容も、ハナコの『びーびー』に対する私の親ばか目線と負けず劣らずの、
婆ばか目線というか何というか。。

うん、まぁまぁ、0歳から6歳ぐらいまでは、
赤ちゃんからの英語レッスンを参考にするんで
小学生の取り組み方を見てみよう、と読み進めたのですが。。

小学生については、著者が運営する英語塾でのお話。
同様に絵本を活用しますが、読み仮名をふったテキストを使うとか、
英語で通して読んだ後に、日本語に訳して、それからまた英語を暗唱していくとか、、
   訳しかたは、正しい日本語にするのではなく、
   英語のword orderのまま日本語に置き換えるようですが。。

著書の冒頭に、「脳の中に二つの言語のシステムをそれぞれ作る」
「日本語脳で英語を考えない」というようなことを謳っている割には、
なんで日本語で英語を勉強させるんだろう。。と、思ってしまいました。
塾では、子供達のレベルがまちまちで、
英語オンリーで授業をするのが難しいのかも知れません。

ただ、聞く話すができればいいのではない、表現力を付けるには文法も大事。
英語圏で使われている文法の教科書を活用して、文法を。
という点は、参考にしようと思いました。


普通のこどもが普通にやってバイリンガルになる世界初の英語習得法

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

タグ : 育児本 英語育児本

2010-03-25 : 本・記事を読んで : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アエラの記事「早期教育効果は小学生で消える」を読んで



今後、絵本を買い増やしていく際、
参考にしようと読ませていただいているなおぱぱさんのブログで
紹介されていた「早期教育効果は小学生で消える」という
アエラの記事を読んでみました。
 (なおぱぱさんの感想は→「話題の記事「早期教育効果は小学生で消える」を読んで 」)

「早期教育は無駄でしかない」と思わせる記事のタイトルや
「情緒障害を起こしたケース」などの極端な例については賛同しませんが、、
「親の養育態度こそ重要」としている点は大いに賛同します。

学力格差の研究として、今回の記事にも取り上げられている親の所得格差や
子供がテレビを見る時間との対比がよくあります。
数字を軸にして調査すると「研究」しやすいということなのでしょう。

でも、結局のところは、
生計にゆとりがある家庭では、親が生活に追われず、疲れず、
養育に尽力するゆとりが生まれ、
また、子供が長時間テレビを見ていても放置している親は、
そもそも養育に対する関心が低いということで、
お金がある家の子は頭がよくなる、テレビは子供の頭を悪くする、
というような直接的な因果関係はないんだと思います。

いつもこの手の「研究結果」に関する記事を目にするときは
こんなことを考えていたので、今回はじめて共感できる記事だと思いました。

ところで、我がものぐさ家の養育態度は。。
まぁ、ものぐさですから、お受験とかにとりくむ気力も(お金も)ないので
ストレスで情緒障害を起こすような心配はないでしょう。

読み書きについては、早くから教えるより、たくさん絵本を読んであげる方が良い。
そうして本好きになれば、読めや!書けや!とせっつかれなくても
自発的に読み書きも覚える、語彙も増える、表現力も、読解力もつく、
とあちこちで見たので、その方向で進めるつもりです。

「読むことって楽しい」が、「勉強って楽しい」に繋がって
親が指導監督しなくても、自発的に勉強してくれる子になるといいなー。
という、ものぐさな動機なのですが。。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

タグ : 幼児教育

2010-04-23 : 本・記事を読んで : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

記事「子どもの会話理解力に差 バイリンガルでより高く」について

英語育児を進めるにおいて、心の支えとなっている記事があります。
今年の3月に、共同通信で配信された
子どもの会話理解力に差 バイリンガルでより高く」という記事です。

英語育児の本格始動に向けて、ネット上をリサーチしていた際に
どなたかのブログで見かけたもので、今回改めて検索しました。
 (アメリカの科学誌PLoS ONEの記事はこちら↓
  
Bilingualism Accentuates Children's Conversational Understanding
  統計学用語やら数式がてんこ盛り。ものぐさハハには、難易度が高すぎました。。)


どうして「心の支え」なんてものが必要かというと、
私自身が、英語育児において不安を抱えているからです。
私の不安とは、
 ①ハナコの発語が遅いのは、英語育児が原因だ。
 ②幼児期に始めると、セミリンガル(またはダブル・リミテッド)になる。
と、周囲に反対されないかと言うことです。

周囲の反対がある(かもしれない)ということを不安に思っているなんて、
情けない母親ですが、そういった反対意見が続いたとしたら、
それは育児におけるストレスにつながりますし、
最悪の場合、英語育児断念!ということにもなりかねないので、
情けなくもこんな不安を抱えているというのは、正直なところです。

①については、確かにバイリンガル環境にいる子どもは
発語が遅いことが一般的に多いようですが、
バイリンガル環境になくても、発語が遅い子はいます。
そして、「子供の成長には個人差があるから」と、
それを口にするのはタブーとする風潮がある気がするので、
それで押し切ろうかと思っています。(笑

②については、どこぞの偉い人がメディアでとくとくと説いていたり
本に書いていたりもするので、
英語育児に反対の人がそれらを引用してきたら、ちとめんどーです。
これだって、日本語しか話せない人の中にも、
英語しか話せない人の中にも、
年齢相応の会話ができない人、文章が書けない人なんてごまんといます。

でも、それを主張したところで、単なる水掛け論にしかなりませんが、
子どもの会話理解力に差 バイリンガルでより高く」という
研究結果もある!となれば、心強い支えになります。

こんなの持ち出したところで、水掛け論でしかないですかね。。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

タグ : 幼児教育 英語育児本

2010-06-23 : 本・記事を読んで : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

本「一日でおむつがはずせる」を読んで

実は、保育園ではトイレトレーニングを始めているハナコです。
自宅では、100%紙おむつですが、保育園では綿パンツに履き替え、
お迎えの前にまた紙おむつに戻って帰ってきます。

さすがのものぐさハハも、
「こんな風に保育園に丸投げで良いのかしら。。」と思っていた頃、、
保育園で尿検査があり、朝方に採尿パックを貼り付けました。

そのとき、紙おむつが全く濡れていないことに気がつきました。
「へぇー、夜中中ちょろちょろとお漏らししてるかと思えば、
朝までちゃんと膀胱に溜められるようになったのね。」と、
ハナコの成長ぶりにちょっと感心しつつ、
「ということは、トイレトレーニングもちゃんとやれば、できるのかも?」と、
思い始め、調べてみることにしました。

やっぱり、ものぐさですから、手っ取り早い方法を探してしまうものぐさハハ、
一日でおむつがはずせる」という本があることを知り、
図書館で調べてもらったところ、隣の市にあるというので、
リクエストを出し、先日やっと借りることができました。

詳細については、こちら→「育児でゴキゲン?!>一日でおむつがはずせる?
先にこのサイトを見ていたら、本を読む必要はなかったかもです。。
本当に詳しく、分かりやすくまとめられているので、内容は省きますが、(ものぐさですから^^)
この方法なら確かに1日でおむつが外せそうです。
でも、その日1日は、がっつりみっちりトイレトレーニングのみに集中!
日常なんて忘れてしまえ!という勢いです。

まぁ、何週間も何ヶ月もトイレトレーニングに悩まされるより、
1日で済むなら楽ちんだとは思いますが、最近とにかくバテバテのものぐさハハ
その1日さえも、集中して取り組む自信がありません。。
やっぱりハナコのトイレトレーニングは、保育園に丸投げすることに決定のようです。
夏バテ妊婦であることを言い訳に、どこまでもものぐさなハハなのでしたー。


ちなみに、、
トイレトレーニングは実施しませんでしたが、
話しかけ方、指示の出し方、善悪を理解させる(←ちょっと表現が重いですが)
喜んでくれる人リストの活用などは、
トイレトレーニングに限らず2歳児との接し方として参考になると思いました。


一日でおむつがはずせる

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

タグ : 育児本

2010-07-17 : 本・記事を読んで : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

計画無痛分娩



ものぐさハハは、ハナコもタロウも計画無痛分娩で出産しました。
最近は、いろいろな産院で取り入れていると思うのですが、
私の周りには、無痛で出産した人は殆どいません。
皆さんの周りも同じじゃないでしょうか。
英語育児とは関係ありませんが、
せっかくなので私の無痛分娩体験記を書いてみたいと思います。
              いつも無関係なこと書いているのでいいですよねー。

無痛を選んだ理由
単純に痛いのは嫌だから。
予定日前後をいつ来るかいつ来るかと、はらはら過ごすのも、
当日、何時間も、十何時間も?痛い思いをして過ごすなんて
ものぐさハハには耐えられません。なんたってものぐさですからー。

硬膜外ブロックによる計画無痛分娩
無痛分娩として痛みを取り除く手段はいろいろあるようです。

引越しがあったので、ハナコとタロウは別々の産院で生まれましたが、
どちらも硬膜外ブロックによるものでした。

また、大まかな手順も同じで、計画無痛分娩とはいえ、
何ヶ月も何週間も前から、分娩日を決められるわけではなく、
胎児の状態や子宮口の状態を診て、数日前に分娩日を決定するという形でした。

分娩日当日の手順も、ほぼ同じで朝一からLDRで陣痛促進剤を投与、
ある程度陣痛がついたら、麻酔を投与し、陣痛を取り除く、
若干の感覚は残していきめるようにする、といった具合です。

無痛分娩にかかる費用
自然分娩の費用+麻酔代+前日入院代 です。
それぞれの値段は、もちろん産院によって違います。
ハナコを産んだ産院は、麻酔代が10万円、
タロウを産んだ産院は、麻酔代が5万円でした。


ハナコの場合タロウの場合
ものぐさハハが体験した2度の無痛分娩について書いていきます。
      (計画無痛分娩に関する医学的情報は、このブログにはありません。悪しからず。)

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

タグ : 計画無痛分娩

2010-08-03 : 計画無痛分娩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

計画無痛分娩 ~ハナコの場合~



2年半も前のことなので、詳細は覚えていませんが、、
できる限り思い出して書いてみます。

分娩日決定まで
当然ですが、通常通りの妊婦検診を受けました。
健診の頻度も同じで、36週以降に週に一度の健診になります。
39週0日の健診で、胎児の頭が下がってきていることと、
子宮口が2cm程開いていることが確認できたので、
39週5日を分娩日とすることが決まりました。

突然、陣痛が来た!麻酔が間に合わなかった!なんてことになると嫌なので、
分娩日前の数日間は、安静に過ごしました。
でも、生まれちゃうと当分無理だろうから、、との理由で
フルコースなんか食べに行ったりもしました。

分娩日前日
入院です。
手続きが済むと、シャワーを浴びて手術衣を着るよう指示があり、
診察の後硬膜外カテーテルを挿入しました。
カテーテルの挿入時に強烈に痛い思いをする人もいるようですが、
私の場合はそんなことありませんでした。
一般的な予防注射の痛みぐらいかな。。

試し麻酔をして、保冷剤を太ももに当てて、ちゃんと麻酔が効くこと
他に異常がないことを確認してこの日は終了でした。

分娩日当日
朝8時からLDRに入り、陣痛促進剤の投与です。
陣痛が始まるまでは暇なので、本を読んだり昼寝をしたりしてました。
なかなか陣痛が始まらないので、バルーンを挿入。
子宮口は、良い感じに開いてくるのですが、
陣痛が強まらないので、人工的に破水させました。

しばらくすると、大分強めの生理痛ぐらいになったので、
様子を見に来た助産師さんに、「あのー、なかなか痛いんですけど」と言うと
「そんな冷静に話せるようじゃ、まだまだ。」と言われてしまいました。

どのくらい経ったか分かりませんが、
次にお医者さんが見に来たとき私は、半泣き状態でした。
それを診たお医者さんは驚いて麻酔注入を開始。
私を半泣き状態に陥れた痛みは徐々に消えていき
「あー、お腹張ってるなぁー。」ぐらいの痛みになりました。

気がつけば、LDRの中にスタッフさんが大勢いて、いよいよお産開始です。
お医者さんが、モニターを見ながらお腹に手を当て
「張ってきてるの分かります?もうすぐ山なのでそれに合わせていきみますよ。」
と、声をかけられ、「はい、分かりました。」と何度もいきみました。

自然分娩の場合は、火事場のバカ力的にいきむことができるかも知れませんし、
また陣痛の痛みにいきむことの大変さはかき消されてしまうのかも知れません。
でも、私の場合は、陣痛の痛みは殆ど取り除かれていて、
お腹の張りとして認識できる程度だったので、
この「いきむこと」が、なかなか大変で、疲労困憊してしまいました。

何度も何度もいきんで、20時頃、ハナコ誕生。やっとでたー!という感じでした。
「2,900gです。」と聞かされたときは、
「へ?よかった。どんな巨大児かと思った。」と、口から出てしまい、
「そんなに疲れたの?」と、笑われてしまいました。
まるまる12時間、LDRに居たわけですが、
陣痛がついてからの計測と言うことで、所要時間は、9時間と記録されました。

分娩後
その日の夜は、とにかくヘトヘトで、
関節という関節、筋肉という筋肉が悲鳴を上げて、寝返りも打てない状態でした。

その後は、比較的元気で、後陣痛もなく、退院したその日から家事もこなせました。
自然分娩後の回復ぶりを目の当たりにしたことがないので、
よく分かりませんが経験者数人から、
「まだ産後○日でしょ?元気だね。」と声をかけられたので、
無痛の方が回復が早いのかも知れません。

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

タグ : 計画無痛分娩

2010-08-03 : 計画無痛分娩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

計画無痛分娩 ~タロウの場合~



つい最近のことなので、長くなってしまいそうですが、極力簡潔に書いてみます。

分娩日決定まで
37週6日の健診で、胎児の大きさが十分であること、子宮口が柔らかいこと、
経産婦であることなどから、38週4日を分娩日とすることが決まりました。

この時もハナコの時と同様に予定前に陣痛が来るのは嫌なので
(特に経産婦は早くなると言うので)、安静に安静に過ごしました。

分娩日前日
午後から入院です。
午前中は、休憩しつつ、
家事(掃除、洗濯、白飯を多めに炊いて、冷凍庫へストックなど)をしました。
ここで気の利いた主婦なら、作り置きおかずなんか作るのでしょうが、
自分最優先のものぐさハハは、極力安静に努めていたので、
そんなこと思いつきもしませんでした。でへへ。

シャワーを浴び、昼食の後、病院へ行き、入院手続きをしました。
診察や硬膜外カテーテルの挿入、試し麻酔と、
基本的にはハナコの時と同じように進みました。
今回もカテーテル挿入時に大きな痛みはありませんでした。

分娩日当日
朝6時前にはLDRに入り、6時、7時、8時と陣痛促進剤の錠剤を服用、
9時から点滴での投与が始まりました。
ハナコの時同様、本を読んだり昼寝をしたり、
またここはLDR内にテレビがあったのでテレビも見ていました。

お昼頃には、なかなかの頻度で痛みが起きていたのですが、
まだ時折途切れることがあり、まぁ我慢できなくはない程度でした。
今回もやっぱり人工的に破水させることになりました。
その際、お医者さんは「麻酔を始めなくていいですか?
せっかくだし耐えられない!という1歩手前から始めた方がいいですよ。」
と言ってくれたのですが、「もう少し様子を見ます。」と返事をしてしまいました。

お医者さんが退室してしばらくするとだんだん痛みが強くなり、
その頻度も数分おきと絶え間なくなってきたので、
「もう無理です!!」と言ったのですが、
お医者さんは私を破水させた後手術に入ってしまったとのことで、
しばらく待つしかありませんでした。
あー、勧められたとおりに、麻酔を始めてもらえばよかった、と後悔。。。

お医者さんが戻ってきてすぐに麻酔を投与してもらったのですが、
この時痛みに耐える為、右側をしたにして横向きに寝ていたので、
麻酔が片効きになってしまいました。
左側を下にして横になり麻酔を追加しますが、なかなか痛みが消えていかず、
左脇腹だけがぎりぎりと痛い状態になってしまいました。。

やっと麻酔が効いて左脇腹の痛みが治まったと思ったら、
もうタロウが出てくる時を迎えたようで、
タロウの頭がグイグイと股関節に押しつけられているかのような
痛みがお尻の方で始まりました。
お産の体勢に体位を変え、いよいよいきみ開始です。

ハナコの時のようにお腹の張りは感じませんでしたが、
お尻の方での痛みがあったので、これに合わせて何度もいきみ、
15時半頃、タロウ誕生!
この時も9時間ほどLDRにいたわけですが、
陣痛がついたのが13時頃なので、所要時間は約3時間との記録になりました。

分娩後
ハナコの時のような疲労感はなく、割と元気でした。
麻酔が残っていて少しだけ脚がふにゃっとなりましたが、
産後3時間では自分でトイレに立つこともでき、LDRから病室へ戻るときも
「お産したばかりとは思えない。元気ですね。」と声をかけられました。

やっぱり経産婦だから楽なのかなぁとのんきに構えていたのですが、
夜中になって激痛で目が覚めました。ハナコの時にはなかった後陣痛です。
あらかじめ痛み止めは服用していましたが、とんでもない痛みです。
助産師さんによると経産婦の方が酷くなるそうです。
確認の上で、痛み止めを追加で服用しましたが、運がよければ1時間おき、
悪ければ数分おきに激痛に見舞われ、殆ど眠れませんでした。

陣痛は、お医者さんや助産師さんに励まされ、さすってもらい、
そのうち麻酔も効いてくるという夢と希望がありましたが、
後陣痛はただ1人で耐えなければならず、とにかく辛いものでした。。

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

タグ : 計画無痛分娩

2010-08-03 : 計画無痛分娩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

計画無痛分娩と立会い



ハナコの場合
ハナコを出産した産院では、自然分娩の場合のみ立会い可で、
無痛分娩の場合は不可でした。
「それでもいいですか?」と再確認するお医者さんでしたが、
ダンナの精神的サポートよりも麻酔の力!と、二つ返事で同意書にサインしました。

タロウの場合
タロウを出産した産院では、無痛分娩の場合でも立会い可で、
「上のお子さんもいいですよ。」と、
冷静に執り行えるからこそ、家族みんなで楽しく無痛分娩♪ぐらいの推奨ぶりでした。

私も乗り気でしたが、ハナコの食事やお昼寝の時間、
なによりも魔の2歳児が何時間もLDRでじっとしてくれるか?
などなど考えるとハナコの立会いは無理!と思い直しました。

ダンナに関しては、貴重な体験だからしておけば?ぐらいの気持ちでしたが、
決まった分娩日がダンナの仕事のピークであることが判明。
また、ハナコの時のことを思い起こすと、
自由に本を読んだり昼寝したりしていた訳ですから、
その横でちょろちょろされても目障り、、と思えて立会いはやめてもらいました。

その代わり、生まれたとの連絡を入れたら、
すぐに保育園へハナコを迎えに行って、連れてきてもらい、
家族4人でゆっくりカンガルーケアの時間を過ごしました。

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

タグ : 計画無痛分娩

2010-08-04 : 計画無痛分娩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

ものぐさハハ

Author:ものぐさハハ
留学経験あり。
ものぐさなりに、英語育児に奮闘中。

~ものぐさ家の人々~
ダンナ
傍観者でいて欲しい人。
ハナコ(仮名)
2008年1月生まれ。女の子。
タロウ(仮名)
2010年7月生まれ。男の子。

留学までしたくせに文法など、
かなりあやふやなものぐさハハです。
変な表現があればご指摘ください。
コメント・トラックバック・
相互リンク大歓迎です!

最新記事+コメント

カレンダー

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ

テーマ・カテゴリ

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

FC2カウンター

現在の閲覧者数: