スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

お留守番

ハナコ(仮名)8歳11ヶ月
タロウ(仮名)6歳5ヶ月


12月って妙に忙しいですね。私が読んでいるブログも全体的に更新頻度が落ちている気がします。そして以前からちょろちょろと下書きしていた日記がやっと書き終わりました。(^^ゞ

先月、ハハとタロウが 国際協力・交流フェスティバルへ出向いた時、独り留守番をしていたハナコ。その理由とは、ズバリ!宿題・通信教材を終えなかったからです。なんてコトないのですが、楽しいお出かけの日記に一緒に書きたくなかっただけかもしれません。(^^ゞ

ハナコのダラダラぶりはこのブログでも何度も書いてきました。一日のノルマを終えさせるためにあの手この手を使ってきました。

罰を与えると脅したり、馬人参をぶら下げたり脅迫と、賄賂と、、
スケジュール円グラフを作って、時間の使い方をレクチャーしたり学校にいる時間が長過ぎ?
「もうお母さん辞める!」といって家出をした日もありました。といっても車で座ってただけですけど。(笑)
下克上受験」という本のネット上の噂を真似して人生グラフも書きました。(今度、ドラマ化だそうですね!すみません。本はまだ読んでいません。m(_ _)m)
「自分から勉強する子が育つお母さんの習慣」は読みました
「子どもの心のコーチング 実践編―マンガでわかる!」も読みました(マンガですけどー)

もちろんただ叱り飛ばしているだけの日、怒鳴り散らしているだけの日もありました。
よりひどくなったのかどうかは分かりませんが、言っても言っても良くならないとなるとハハのイライラは募るばかり。。

年齢が増すごとに口ごたえも増えてきてハハの怒りのスイッチも入りやすくなりました。馬人参をぶら下げようとすると「要らない!」と言われ、「早く終わらせよう、自由時間には何がしたいかな?」と言えば、「したいものはない!」と言われ、、「丁寧に書けばハナコはキレイな字が書けるよ。」といえば、「無理!できないものはできない!」と、、機嫌の悪い時は褒めようが何しようが、聞き入れてくれず、全てに言い返してきます。何よりも、夕方の宿題の時間は、疲れもあり、ほぼ毎日機嫌が悪いです。

万策尽きた、、という気持ちになり、とうとう手を上げました。以前、ちょろりと書きましたが、私自身の考えは、体罰絶対反対!では、ありません。もちろん、大賛成!でもありませんが。。時代背景もありますが、私自身母や教師にビシバシ叩かれて育ちました。それで心に大きな傷が残っているわけではないので問題ないと思っています。でも、それはそういう時代だった、周りもみんな割りとビシバシやられていた時代だったのです。

今は時代が違います。世の中の常識が「体罰=虐待」と定義しています。なので私が子どもの頃にやられた感覚で、ハナコやタロウをビシバシやってしまうと、2人は世の中の常識に照らし合わせて、「自分は虐待されている」と感じるだろうと思うのです。なので、余程のことがない限り手を上げることはしないと決めていました。叩いてでも分からせなければならない、どうしても必要なとき以外は叩かないと決めていました。
ところが恐ろしいことに、一度タガが外れると2度目3度目は簡単に手が出るようになりました。以前は叩かずに済ませてたことでもポカスカ叩いてしまいました。そしてハナコのダラダラは何も変わらず、ハナコが私を睨みつけることが増えただけでした。

そんな時にどなたかがブログで「しつけと体罰―子どもの内なる力を育てる道すじ」という本を紹介されていました。今、私に必要な本だと感じ、すぐに図書館へ。体罰に効果はないこと、害でしかないこと、「人権侵害」ともいえることがはっきりと書かれていて、体罰はいけないということはよく分かりました。でも、それに代わる提案は、、どれも納得のいくものでしたが過去に読んだ育児書でも提案されていたもの、あれこれ試した上でこの本に行き着いた私には、これぞ解決策!という提案は得られませんでした。でも、まぁ、当然ですよね。万人に効く、絶対に効く、1回で効くしつけの方法なんて存在しないですよね。でもでも、「体罰=人権侵害」とまで強く示されたことは良かったです。今後は、また試行錯誤の毎日です。

【1週間の取り組み】
語りかけとか
ビデオ視聴とか
英語ワークとか
オンライン・レッスンとか
Raz-Kidsなどなど

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

タグ : ハハの悩み

2016-12-10 : ハナコ8歳 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

長女は特にね、同性だし、最初の子だし、
私もよくマーちゃんを叱りました。
なんというか、ちゃんとできて当たり前
なんていう考えが先走っちゃって、
理想を押し付けてたんでしょうかね~。
あれこれ育児書みたいなのを私も読みましたよ。
そのうちともくんが生まれて、あ~こういう風に
接してあげればいいんだと、やっと気づくことに。
なんだろう、親も人間、失敗もする。
私はマーちゃんにずいぶん教えられている
と思っています。

ハナコちゃんやタロウくんは子育ての先生。
ものぐさハハさんも、
いいお母さんだからこそ、どうすればいいのか悩む。
タロウ君に許してることをハナコちゃんにも
許してあげてみては?
もう少しハナコちゃんが大きくなれば
きっと気持ちも楽になると思いますよ~。
maomao | 2016/12/12(月) 08:32:17 | [Edit]
>maomaoさん
こんなコメントしづらい内容にありがとうございます。いつも励まされます。(⌒-⌒)
二人には同じように接してるつもりですが、、無意識に変わっているんですかねぇ。タロウは典型的な2番目ちゃんで、上の子を見て我が振りなおせという感じで、要領がいいんです。だから余計にハナコのダメさ加減が目立つんですよねぇ。。ふぅ。。
ものぐさハハ | 2016/12/14(水) 18:03:42 | [Edit]
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ものぐさハハ

Author:ものぐさハハ
留学経験あり。
ものぐさなりに、英語育児に奮闘中。

~ものぐさ家の人々~
ハナコ(仮名)
2008年1月生まれ。女の子。
タロウ(仮名)
2010年7月生まれ。男の子。

留学までしたくせに文法など、
かなりあやふやなものぐさハハです。
変な表現があればご指摘ください。
コメント・トラックバック・
相互リンク大歓迎です!

最新記事+コメント

カレンダー

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ

テーマ・カテゴリ

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。