ハナコの正体

ハナコ(仮名)9歳2ヶ月
タロウ(仮名)6歳8ヶ月


突然、変なタイトルですが、つい最近になってわが娘ハナコの正体が分かりました。ハナコはとにかく注意散漫で、忘れ物・失くし物が多くて、集中力がなくて、同じミスを繰り返すところがあって、ダンナが過去に何度か「ADHDなんじゃないのか?」と言ったことがあります。でも、ハハが持つADHDのイメージは、Hの部分、多動性・衝動性のイメージがとにかく強く、対してハナコはインドア派でまるでアクティブな要素がないので、「hyperactiveとは真逆の性格、、それはないでしょう。」と思っていました。

ところが最近たまたま見かけたネット記事でADHDの中にも幾つかのタイプがあり、その中には多動性・衝動性の要素をほとんど持たない不注意優勢型もあり、区別してADDと呼ぶこともあると知りました。そしてこのタイプは比較的、女の子・女性に多いとのことなのです。その特徴がこちら。

・字が汚い
・忘れものが多い
・注意散漫
・集中持続時間が短い
・よく考えずに物事に取りかかる
・直情的で短気、ムラ気で頑固
・整理整頓が苦手(部屋が物で散らかっている)
・物を無くしやすい
・テストなどでケアレスミスが多い
・物事に飽きっぽく、続かない
・金銭の管理が出来ない、計画や準備が苦手である
・不器用である
・気分がコロコロと変わりやすい
・心配性である、かんしゃく持ちでもある、しかしよく笑う
・対人関係に一喜一憂しやすい
・おしゃべりが止まらない、喋りすぎる
・空想癖がある
・甘い見積もりで「出来る」という変な確信があり、〆切間際で出来ずに慌てる
・通常の人が1-2回で直す失敗を、何度体験しても直せない
・好きなことに没頭して時間を忘れる

ぜんっぶ当てはまります。というか、ハナコに当てはまるものを特にリストアップしたんですけどね。当てはまらないものには、「じっとしているのが難しいので読書が苦手」というのがありましたが、読書はハナコの好きなことなので没頭する対象なのです。
字が汚いのは過去の日記に何度も書いたとおり、注意散漫で集中力がなく空想癖があるので宿題に時間がかかることも何度も書いたとおりです。

ちょうど最近、翌日の予定表を書くと言う取り組みを始めたばかりなので、見積もりが甘い・できると言う変な確信があるという点は、まさしくその通り!と笑ってしまうほどです。普段宿題に2-3時間かけるくせに、予定表には30分とか書くんですよねぇ。自分で気づく必要があると思って放置していると、その次の日も何の調整もなく「宿題:30分」って書くんです。そしてできもしない「棚の片付け」や「お手伝い」などと予定を詰め込もうとする。。さすがにツッコミ入れましたよぅ。


医師の診断を受けずに決め付けるのはよくないという意見はあると思います。でも、若干その傾向があると言うだけで、恐らくグレーゾーンにも入らないと思います。(親ばか目線もあるでしょうが(^^ゞ)
勝手に投薬してる訳でもないし、なによりADHDの子に対する子育ての注意点・対処法は一般的な子育てにおいてもよく言われていることなので、これらを念頭において子育てすることは悪いことじゃないと思いました。

・間違いを指摘して怒るより、できたことをほめて自信を持たせる
・習慣作りに努める
・睡眠を十分にとらせる
・十分にバランスの取れた食事を摂る
・集中力が長時間続かないため、30分、15分など小さく区切って目標を達成させる
・「一緒に改善策を考えていこう」という姿勢を示す
・できるだけ体力の使う運動を毎日させる
・ノート・メモ・手帳などを活用させ、記憶を補助する

対処法を読みながら、これまでガミガミと叱り過ぎてたな、、と反省しました。ネット上でいろいろ読んでいると、こういう一文がありました。

ADHD/ADDの人にとって、注意されたり「こうしろ」「ああしろ」と言われることに加え、それが言われたとおりに出来ずにまた怒られて疲弊することに慣れてしまっています。

なるほど、慣れてしまっているから何度言っても響かないんだなと言うことにも気づかされました。さらに「疲弊」という文字がハハの心に突き刺さりました。というのは、ハナコは宿題中にティッシュを丸めて口に入れて噛んでいることがあるのです。ストレス、、ですよね。。あんまりガミガミ言わないよう気をつけます。ハイ。。

ダンナにもこういう傾向があると説明することで話しやすくなりました。ハナコが癇癪を起こしている時に、ダンナが厳しく叱り付ける(怒鳴り散らす?)ことが時折あったのです。「泣き叫べばワガママもまかり通ると思わせたくない。」という気持ちからです。言わんとしている事はわかります。でも、癇癪を起こしているときに怒鳴るのは逆効果なんですよね。これまで何度説明しても分かってもらえなかったのですが、癇癪は一種のパニック状態なんだとダンナに伝えるとすんなり納得してもらえたようでした。

子育てにおける悩みは尽きませんが、1歩だけ(半歩かな?)前進できたように思います。

【昨日今日の取り組み】
語りかけ
カーズ視聴
英語ワーク
ボード・ゲーム
オンライン・レッスン

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2017-03-08 : ハナコ9歳 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

うちも子どもが癇癪起こしたとき、主人が怒るからよけいひどくなってカオス…
うちも最近爪かみが始まってしまいました。
ストレスだろうからもっと優しくと思ってはいるけど…数日に1回はイライラして爆発してしまいます。
ひよっこー | 2017/03/09(木) 09:05:27 | [Edit]
まさにうちの長男がそうですよ!
不注意優勢型のグレーゾーン。
「対人関係に一喜一憂しやすい」以外の特徴が全て当てはまります。

大変ですが、お互い頑張りましょう^^;

Yoshie | 2017/03/09(木) 14:39:08 | [Edit]
>ひよっこーさん
お久しぶりです。そのカオス状態、わが家でもたびたび発生します。最近もカオスになりかけてたので、以前使っていたtime-outを使ってみました。子どもだけでなく親も冷静になれてよかったように感じました。

>Yoshieさん
なんと!長男くんもですか!?でも、長男くんは対人関係には動じないんですね。(^^ゞ
ウチの娘は、一喜一憂どころか一喜十憂ぐらいで数週間前に言われたことを思い出してはシクシク泣き始めたりするので、正直めんどくさいです。(*_*)
ものぐさハハ | 2017/03/11(土) 00:21:51 | [Edit]
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ものぐさハハ

Author:ものぐさハハ
留学経験あり。
ものぐさなりに、英語育児に奮闘中。

~ものぐさ家の人々~
ダンナ
傍観者でいて欲しい人。
ハナコ(仮名)
2008年1月生まれ。女の子。
タロウ(仮名)
2010年7月生まれ。男の子。

留学までしたくせに文法など、
かなりあやふやなものぐさハハです。
変な表現があればご指摘ください。
コメント・トラックバック・
相互リンク大歓迎です!

最新記事+コメント

カレンダー

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ

テーマ・カテゴリ

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

FC2カウンター

現在の閲覧者数: